大橋麗子のピラティスに対るす思い その2

November 12, 2017

大の運動嫌い

走るのも学年でベリを争う

ハードルも一度も飛んだことがない

跳び箱も一番低いのも尻餅ついちゃう

縄跳びの二重跳びも一度も出来ない

高飛びも、幅跳びも、ぶっちぎりの最下位

 

 

 

私自身のことです。

思い出すと悲しくて泣けます。

 

 

体育が嫌で嫌でたまらなくて、高校時代はほとんど体育は欠席

 

 

だからかそれをどうにかしたくてコツコツと20代後半から、

その当時まだ新しめのピラティスってやつをやってみました。

 

 

出来ない動きが多いから、出来るようになるにはどうしたら良いか、

自分で練習そして研究の日々。

 

 

そんなつたない私だから、今身をもって人に説明するのが上手だと思っています。

 

 

 

そしてピラティスの動きなど容易に出来ないのはあなたのせいじゃないって事を前提に私は考えています。

 

だいたいピラティスってどれも容易に出来るものでは無いと思っていますし。

正しくやればやるほど難しく大変に感じると思います。

 

 

出来ないのは過去の経験、生活習慣、運動歴などから出来ないだけ

 

出来なくたって、何も貴方は悪くない

 

でも出来れば何かが変わる

 

貴方が何回か出来なくても私はあなたを諦めずに伝え続けます

 

だって、どうやったら出来るか、変われるか、私は体験しているから知っているから

 

 

 

一つのエクササイズができる事を最終目標にするのは何か違う気がしますが、出来ると、生活の中での何か、貴方の中での何かが変わるから、だから一つの指針としてエクササイズを捉えるのは良いと思います。

 

 

 

また今までやっていたエクササイズでも10数年間やって、あれ?このエクササイズ、ここの筋肉こんな風に感じてやるんだ?!って、正直今更気がつくこともあります。

 

私のクライアントさんで、長年やっていても、昔と同じエクササイズやっていても何か新しい発見が毎回あったりするから、10年やってもその方も飽きないのだと思います。

 

本当に驚きの連続

 

だから皆さん、ピラティス後も疲れ果ててるのに何故かキラキラして帰られるわけです。

 

いらした時から、迎える側の私以上の笑顔で玄関のドアを開けてくれるわけです。

 

 

 

 

昨晩は地元の愛知で高校の同窓会が開かれていたので、私は参加出来なかったけれど、過去の自分を思い出してしまい、こんなブログを書いちゃいました。

 

きっとみんな驚く、私がピラティスのインストラクターでしっかりやってるって知ったら(^^;)

 

 

今では、プロのアスリート、ダンサー、趣味で真剣にやられてる方にも的確に指導できるようになり、

そしてピラティスのインストラクターはもちろん、ヨガのインストラクターや他のスポーツのトレーナー、理学療法士、柔道整復師、整体師、外科・内科など医師の方まで、カラダに対するのプロの方もいらしてくださっています。

 

 

そんな素晴らしいピラティスを、さらに広めて行けたら良いなと思っております。

 

ですが土日と平日夜の体験レッスンはおやすみ中で、また平日もお時間の融通がきく方しか体験レッスンは承れず、申し訳ございません。

 

また多くの方が受けられる状況が再開したら、こんな私の教える、ピラティス、体の使い方、ご興味ある方はご連絡下さい。

 

また以前にいらしていてしばらく来れていない方はご遠慮なくご連絡下さい。

お引越しされた方とか、お仕事の都合で数ヶ月おやすみしなきゃならない方とか、、、お会いしたいです。

 

最初のブログから2年たち、新たに想いを綴ってみました。

 

 

では!午後も張り切りまーす♪

皆様もそれぞれ、素敵な日曜をお過ごし下さい❤︎

 

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

© 2015 by Fulfill Pilates Studio

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon